料亭御宿 坂本屋

お電話でのご予約はこちら TEL:0120-26-8210

坂本屋のご案内

時代の流れに歴史を重ねて

明治27年頃の坂本屋

坂本屋は明治27年(1894年)、それまでの長崎市矢上地区で呉服商・両替商・旅館等を営んでいた初代の坂本寅一が、明治初期に現万才町に移り、明治27年現在地の金屋町に旅館を建てたのが始まりです。
以来、明治・大正・昭和・平成と時代が流れていく中で、和風建築と長崎情緒を大切にしながら歴史を重ねて参りました。

古くから長崎を訪れる文化人に愛され、宿帳には東郷青児画伯や山下清画伯を始め、多くの著名人のお名前が残っております。また、官庁街が近いことから昔から官公庁関係のお客様にも多くご利用頂いております。

時代の流れと共に観光スタイルの変化もあり、昔ながらの風情を残す旅館が消えゆく中、今では長崎市内で唯一の本格料亭旅館として、四代目坂本卓也と女将悦子が歴史を重ねております。

料亭 坂本屋

旧客室(阿蘇の間)

二代目サダは、特に料理に力を入れ、長崎の宿では初めて卓袱(しっぽく)料理に取り組みました。この卓袱料理は旅のお客様にはもちろんのこと、地元で評判となりました。
特に卓袱料理の中のメインディッシュにあたる豚の角煮は、これだけを求めに、地元のお客様が鍋を抱えて来られたそうです。

以来、料理だけをお召し上がりになられる地元のお客様が増え、卓袱料理はもちろんのこと、旬の会席料理や鍋料理など、今では料亭としてご愛顧頂いております。

東坡煮

東坡煮

東坡煮(とうばに)とは、長崎の卓袱料理にかかせない豚の角煮のことです。
元々中国から渡来した東坡肉(トンポーロー)が、より日本人の口に合うようにと、時代とともに少しづつ調理法も変わったようです。

良質の豚三枚肉を十分に下湯がきして油を抜き、坂本屋では今でも昔ながらに、大鍋に落し蓋でコトコトとじっくり煮込みます。甘辛く仕上がった東坡煮は、とろけるように柔らかく、酒肴にもご飯にもとても良く合います。

三代目ヒサ子は、二代目より厳しく教え込まれた豚の角煮の味を守りながら、お客様からのご要望のもと、何とかお持たせに出来ないものかと考えました。そして三年の歳月をかけて、昭和50年に角煮の真空包装商品化に成功し、「東坡煮」(登録商標)と名付けました。
また、平成9年には、東坡煮の煮汁と長崎県産米、もち米、人参、牛蒡、椎茸を入れて竹皮に包み炊き上げた、「角煮めし」(登録商標)を商品化いたしました。
「東坡煮」「角煮めし」は長崎の銘産品のひとつとして、地元はもちろん全国の有名百貨店にもお取扱い頂いております。

雑誌掲載
ページの先頭に戻る